「より良い環境の創造及び環境保全の実現」それがKCSの使命です。

株式会社ケー・シー・エスは
コンサルティング領域を通じて社会に貢献していきます。

「より良い環境の創造及び環境保全の実現」。
それがKCSの使命です。 そのためにKCSは、かけがえのない“地球の環境”を守り、
そこで暮らす人々のための最適な環境づくりを提案しています。

おかげさまで、創立50周年を迎えました

2019年9月1日、弊社は創立50周年を迎えました。

技術を通じた社会への貢献

コンサルタント活動を通じて、社会に貢献していきます。

採用情報

新卒採用、中途採用はこちらからご覧ください。

新着情報

2019年12月18日
ニュース

年末年始の営業日程のお知らせ

弊社では、以下の期間中を年末年始休業期間とさせていただきます。
お客様には ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

今後もより一層 顧客満足の向上に努めて参りますので、引き続き格別のご支援・お引立てを賜ります様お願い申し上げます。

年末最終営業日:2019年12月27日(金)※

休業日:2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)

年始営業開始日:2020年1月6日(月)※

※ 厚生労働省の主導する年次有給休暇取得促進への取り組みに則り、1227日(金)及び 1 6日(月)を有給休暇の取得促進日とさせていただきます。

厚生労働省「仕事休もっ化計画」
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/dl/yukyu_poster25-00.pdf

2019年9月1日
ニュース

おかげさまで、創立50周年を迎えました

2019年9月1日、当社は創立50周年を迎えました。
これまで当社を支援して頂いた関係者の皆様に心から感謝いたします。

当社は、建設コンサルタントとしての技術の蓄積を足掛かりに
ものづくりのコンサルタントから社会科学系のコンサルタントとしての
成長を目指すようになりました。
現在では、道路計画分野、都市計画分野、公共交通分野、観光分野、
防災・減災分野が当社の基幹分野となっております。

今後も、多様化する社会環境に柔軟に対応していき、
地域と社会に貢献する企業であり続けたいと考えています。

2019年8月14日
ニュース

女性活躍推進法に基づく「えるぼし」最高位認定を取得

弊社は、2019年6月19日付で、女性活躍推進法に基づく取り組みが
優良な企業として、「えるぼし」の3段階目の認定を受けました。

えるぼしとは、女性活躍推進法に基づく基準を満たし
女性の活躍推進に関する状況などが優良な企業を認定する制度です。

評価項目は、①採用、②継続就業、③労働時間等の働き方、
④管理職比率、⑤多様なキャリアコースの5つとなり、
評価項目を満たす項目数に応じて、認定の段階が3段階あります。
3段階目は、この5つの基準を全てを満たしております。

商品紹介

Safety Eye®は、交通事故やヒヤリハット発生時の前方動画を記録し、ドライブレコーダーとして機能するスマホアプリです。スマホのGPS機能を活かしたリアルタイム管理となります。通常時には位置情報を定期的にアップロードしています。衝撃感知時には、予め登録したメールアドレスに、ユーザーID、発生時刻をお知らせするメールを配信いたします。管理者様のPCでは、最新情報をいつでもご利用いただけます。

PROTANAS®(Probe Traffic Analysis System:プローブ交通情報管理解析システム)は、交通ビッグデータの可視化・加工・解析をスピーディに実施できるソフトウェアです。道路の渋滞箇所、事故危険個所、整備効果などを総合的かつ視覚的に分析できます。各種民間プローブ及びETC2.0に対応しています。

ATENEV(Advantageous Tool for Economic Effect Evaluation)は、地域政策の策定や数値目標の設定にあたって、あらゆる分野の経済波及効果をシンプルな操作で算出できるウェブアプリです。産業連関表、経済センサスのデータ、観光統計データ等が内装され、産業連関分析の手法を用いて経済波及効果を計算します。お客様は、経済評価を行いたい項目に数値(人数、金額など)を入力するだけで、経済波及効果(生産額、所得、雇用の増加など)がリアルタイムに表示されます。

SubTour-Z(スマホ用バスロケーションシステム)は、バス利用者の安全・安心と、事業者の運営効率を高める、バス情報リアルタイム管理ウェブアプリです。スマホにアプリをインストールして使用できるため、専用機材や整備が必要ありません。