株式会社ケー・シー・エス

『より良い環境の創造及び環境保全の実現』それがKCSの使命です。

内部統制

当社は、会社法第362条第5項に基づき、代表取締役により具体的に実行されるべき内部統制システムの構築について、取締役の職務執行において遵守すべき基本事項を明らかにするとともに、会社法施行規則第100条第1項及び同条第3項の定める同システムの体制整備に必要とされる各条項を下記の通り定めます。

1.取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理に関する体制(情報保存管理体制)

2.損失の危険の管理に関する規程その他の体制(リスク管理体制)

3.取締役の職務執行が効率的に行われることを確保するための体制(効率的職務実施体制)

4.職員の職務執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制(コンプライアンス体制)

5.応用地質グループ会社管理体制に協力するための体制(企業集団における業務の適正を確保するための体制)

6.財務報告の適正と信頼を確保するための体制 (財務報告に係る内部統制の評価・報告体制)

7.取締役及び職員が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制

8.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

ご案内

業務表彰

株式会社ケー・シー・エスの表彰業務を紹介します。

関連リンク

応用地質株式会社 | OYO CORPORATION

株式会社建設環境研究所

ASTJ - 株式会社アストジェイ

ISFJ日本政策学生会議

学生が政策提言を行う非営利政策シンクタンクを応援しています。