株式会社ケー・シー・エス

『より良い環境の創造及び環境保全の実現』それがKCSの使命です。

社会政策グループ 技術概要

道路計画

道路は、人の移動、物の輸送に欠くことのできない、最も基本的な交通基盤であるとともに、都市における居住環境の形成、防災空間、また上下水道、ガス、地下鉄、通信施設等を収容する空間として多様な役割を果たしています。
そういった道路の交通機能的な側面と、空間機能的な側面を考慮しながら、各種交通実態調査データ等をもとに道路計画を立案しています。

交通量推計(シミュレーション・均衡配分)

道路計画を検討するに際して、複数の計画案を評価するために、道路建設などを実施した場合、交通流がどのように変化するかを事前に評価します。
シミュレーションは様々なモデルが開発されており、県や地方ブロック全体を対象としたものや渋滞交差点を対象としたものなど対象によって使い分けています。今後も、TDMの導入やITSの効果計測等の精度を高めるため、利用者均衡配分モデルの適用などに取り組んでいます。

整備効果分析・事業評価

成果志向の道路行政への転換に伴い、道路整備効果、事業評価では、定量的な計測が重要になってきています。データに基づく客観的な評価・分析を行うため、プローブ調査等の実態調査をはじめ、様々な計測手法を取り入れ、利用者ニーズを適切に把握する工夫に取り組んでいます。

地区交通計画(バリアフリー・ユニバーサルデザイン)

少子高齢社会を迎え、全国各地の道路満足度調査で、利用者が切実に求めているものの上位に、毎日の生活の中で利用する道路の安全・安心が挙げられています。
都市計画、道路計画など事業が実施される地域において住民や利用者の問題指摘やニーズを反映させるとともに、地域に係わる多様な立場の人々が共同作業を通じて計画づくりを進めていく住民参加型の計画づくりに取り組んでいます。

交通需要マネジメント

交通需要マネジメント(TDM:Transportation or Travel Demand Management)は、交通機能をより高めるために、交通の方法等を変更し、自動車需要量を抑制することにより、環境や渋滞等の負荷を軽減させようとする政策コンセプト(考え方)です。わが国では1990年以降、道路交通の円滑化を主眼として取り組みが始まり、TDM施策の本格的な導入に向け、各地で社会実験などに取り組んでいます。

地域交通(バス・タクシー・LRT)

マイカーの普及や人口の伸び悩みなど、社会環境の変化に伴い、公共交通では利用者の減少傾向が続いていますが、公共交通は子供やお年寄りをはじめとする多くの市民の生活に欠かせない社会基盤であり、国内各地で、その維持が行政課題となっています。
厳しい財政状況の中で、運行形態や費用負担のあり方の見直し等を検討したり、住民を巻き込んだ社会実験等にも取り組んでいます。

住民参加・ワークショップ・PI(パブリック・インボルブメント)

都市計画、道路計画には地域住民や道路利用者などの問題指摘やニーズを踏まえた計画づくりが求められます。そのためには、計画段階からの住民参加により行政と住民との合意形成が必要です。KCSは、ワークショップやPIなどの手法を用い、計画段階からの情報共有で、国民と行政のパートナーシップの確立をお手伝いします。

ITS

ITS(Intelligent Transport Systems、高度道路交通システム)は、道路交通の安全性、輸送効率、快適性の向上等を目的に最先端の情報通信技術等を用いて、人と道路と車両とを一体のシステムとして構築する新しい道路交通システムの総称です。日本はもとより世界各国が交通事故や交通渋滞等の道路交通問題の切り札として取り組んでいるものです。 KCSでは、独自にデータを取得し、利用者ニーズの把握、導入計画策定、具体化、PR、導入効果の把握等を行っています。

自転車交通計画

自転車は、通勤・通学、買い物の移動など日常的な短距離移動においてよく利用される交通手段です。近年は、交通渋滞の緩和や省エネルギー対策としても自転車利用の促進が求められています。KCSは、自転車が快適かつ安全に走行できる空間整備計画、自転車交通がもたらす放置自転車対策の検討を行っています。

都市・地域・観光政策

今日、少子高齢化とグローバル化が急速に進む中、国と地方、公と民、それぞれが担うべき役割も大きく変化しつつあり、都市や地域が取り組むべき課題領域は拡大し、また、複雑化しています。 このように複雑化する都市・地域の課題に応えていくためには、それぞれの課題について的確に対応していくとともに、他の関連する課題との相互関係を踏まえて多面的なアプローチを行い、諸分野を統合した総合的な取り組みをしていくことが求められています。 KCSは、産業・経済、観光、社会システム、都市・地域計画に関わる専門的知識やノウハウを基礎に、調査や計画策定の業務を行っています。

ご案内

表彰業務

株式会社ケー・シー・エスの表彰業務を紹介します。

関連リンク

応用地質株式会社 | OYO CORPORATION

株式会社建設環境研究所

ASTJ - 株式会社アストジェイ

ISFJ日本政策学生会議

学生が政策提言を行う非営利政策シンクタンクを応援しています。